メーメー子ヤギ雑感

ハロプロを中心に女性アイドルを色々

森咲樹 出演 中野ブロンディーズ

受験生の森ティー*1がキット役で出演した、
中野ブロンディーズですが、
チケットの売れ行きが悪そうだったので、
12/21(日)の夕方公演のみ観戦しました。


まず驚いたのが、
主役の『AKINA』への花輪の数!!


全体の約半分の17個が「AKINA」宛で、
その中には、
安室奈美恵や、観月ありさ
ガレッジセールのゴリからのもありました。


 まあ、確かに、アイドルグループのフォルダー5では、
それなりに売れましたが、そんなに、大物か?


 エーベックスの、「やりすぎの感」があり、かなり引く(笑)


 ちなみに、
 浦野一美(AKB48)とハロプロエッグのモリサキの花輪は、2個づつでした。


 新人としては、このくらいの数が、控えめでカワイイと思います。


主人公のAKINAですが、フォルダー5の時代から
歌は上手かったので、歌はバッチリ。


ただ、問題が一つ。


小さい!!!


衣装のせいもありますが、
ところどころ、子供に見えました。
あの小ささは、今後、ハンデになると思います。


次に、
エッグのモリサキですが、
劇の途中で居なくなり、
最後の方で、また出てくると言う役。


「人形を手にしたゴスロリ。冷めた態度で周囲にも馴染めない。」と言う
非常に判りやすい役でしたので、出てくれば、目立ちましたが、
いかんせん、出番が少ない。


でも、特に問題も無く、がんばっていたと思います。
カワイかったし!!!

また、
モリサキが、自分の事を「背が高くって、イヤ!」
見たいな事を言ってましたが、
他の出演者を見ると、あの位の身長は必要です。


最後に、
浦野一美(AKB48)ですが、かわいかったのですが、役に個性が無い。


この劇には、その他にも、カワイイ女の子が、いっぱいで、
他の人と、顔の見分けができない(笑)


評価は保留したいと思います。


 実際の公演は、
ミュージカルと言うか、演劇そのものを、
ほとんど見た事がないので、
イマイチのめり込めず不完全燃焼でしたが、
公演そのものは、笑いあり、感動ありで
おもしろいと思います。


なお、人の入りですが、
1階は、8〜9割埋まってましたが、

2回席は、俺も含めて4、5人しかいませんでした。

日曜日なのに、こんな感じで、
平日はだいじょうぶだったのでしょうか?