読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メーメー子ヤギ雑感

ハロプロを中心に女性アイドルを色々

【イベントレポート】【診断テスト 後半その1】5/4(月) ハロプロ研修生実力診断テスト 参戦その4

5/4(月)中野サンプラザで開催された「ハロプロ研修生実力診断テスト」に参戦しました。


前回、個別にテストの雑感を書くと書いたので、ハロプロ研修生実力診断テストのテストメンバの後半の11~15番目の雑感です。

ハロプロ研修生20期までは、過去に個人毎に雑感を書いてますので、参考に記事に埋め込みます。
 今回、該当するのは「11.17期☆加賀楓」、「15. 17期☆一岡伶奈」。


11.17期☆加賀楓 Love take it all

f:id:me-me-koyagi:20150512000150j:plain


me-me-koyagi.hatenablog.com

モーニング娘。11期オーディションの参加者。
こぶしファクトリー、つばきファクトリーを除くとハロプロ研修生で一番研修期間が長い17期。
ハロプロ研修生の同期は以下5名だが、同期で、ユニットに選ばれて居ないのは、加賀楓と一岡玲奈の2名のみ。

  1. 金澤朋子(Juice=Juice)
  2. 一岡伶奈
  3. 岸本ゆめの(つばきファクトリー)
  4. 牧野真莉愛モーニング娘。'15 12期)
  5. 和田桜子(こぶしファクトリー)


研修期間が長いのは、伊達じゃない。
声が割れたりはしたが、それよりも歌への気迫が凄い。

去年、曲の途中でむせて自滅。今年の、事前の診断テストの意気込みコメントの動画でも、並々ならぬ決意を感じさせていたが、とにかく、感情がほとばしるパフォーマンス。

ただ、思いが強すぎて、少し表情が硬いか!?もう少し、肩の力を抜いて余裕を持っても良いのでは?

それでも、俺の中の「ベストパフォーマンス賞」候補その5。

結果的に、客席の投票で決まるベストパフォーマンス賞に、509票と、2位との差を200票以上付けて選ばれたわけだが、恐らく、投票先に迷った研修生ヲタの基礎票が、研修期間の長い、かえでぃー*1に集中したせいだと思う。
パフォーマンスは、たしかに凄かったモノの、他の、ベストパフォーマンス賞候補メンバーと、そんなに差があるとは、思えなかった。

とは言え、今回のベストパフォーマンス賞で肩の力が抜けたら、かえでぃー、大化けするかも!?
今後のかえでぃーが楽しみ。

BARKSライブレポート終演後コメント


12. 24期☆仲野りおん 夕暮れ 恋の時間

f:id:me-me-koyagi:20150512011730j:plain

今回が、初パフォーマンス。ど新人の24期。

最初の印象は「小さくて幼い」。

音程は、怪しいし、表情が上手く作れて無いが、とにかく可愛い声。
「イチャチャ イチャイチャして↗ 愛が咲く。ああして そしてこっちきて↗ 」とかの最後の音上げるとことか、本当にキャワキャワ。
カワ(・∀・)イイ!!

まだ、歌ってる感じが、ド素人だが、この声の可愛さは、今後武器に成る。


憧れの先輩として、Juice=Juiceの宮崎由加を上げて、ゆかにゃ*2を舞い上がらせたり(下記参照)。
ameblo.jp

こぶしファクトリーのたぐっち*3のブログに書かれたり(下記参照)
ameblo.jp

既に、先輩受けは抜群!

先輩に可愛がられるのは、良い子だから!?このまま、素直に伸びて欲しい。


BARKSライブレポート終演後コメント



13. 23期☆高瀬くるみ 背伸び

f:id:me-me-koyagi:20150512011815j:plain

栃木の地方アイドル、とちおとめ25の元センター。

me-me-koyagi.hatenablog.com
上記の様に、俺が、昔からハロプロに欲しがっていたのだが、本人の希望も有り、遂にハロプロ入り。
今回、初めて、ソロでじっくりみた。

地方アイドルのセンターを張っていた実力は伊達じゃない。

舞台コントロールが抜群!!!

キラキラした白とブルーの「どこで着るんだ(笑)」ってくらいの、アイドルチックな衣装。
伸びやかで、非常に通る声と、キビキビとしたダンス。

ヲタのハートをわしづかみ。
見る人を幸せにする、アイドルオーラ全開。
これぞ、ザ・アイドル。

俺の中の「ベストパフォーマンス賞」候補その6。

BARKSライブレポート終演後コメント

PS:
今回、結局、賞を取れなかったが、実力は、かなりのもの。
次世代の要の一人。
今のまま、自信を持って、突き進んで欲しい。


14. 21期☆竹村未羽 Dream Last Train

f:id:me-me-koyagi:20150512011829j:plain

もとロコドル。
同じく元ロコドルの研修生メンバーの「22期 小野田紗栞」、「23期 高瀬くるみ」が、俺の中の「ベストパフォーマンス賞」候補になったので、みゅー*4も期待したのだが、期待はずれ。

ダンス、最初の歌の出だしは上々だったが、後半の歌のリズムがおかしい。
俺ですら「あれっ」と思うのだから、かなり、リズムが外れてたと思う。

この実力だと、ロコドル時代も、トップメンバーでは、ない感じ(小野田紗栞、高瀬くるみはロコドル時代も、センターを張るくらいトップメンバー)。

この伸び方だと、崖っぷちか!?

BARKSライブレポート終演後コメント


15. 17期☆一岡伶奈 泣き虫少年

f:id:me-me-koyagi:20150512011851j:plain

me-me-koyagi.hatenablog.com


モーニング娘。11期オーディションファイナリスト。
こぶしファクトリー、つばきファクトリーを除くとハロプロ研修生で一番研修期間が長い17期。

途中の「一岡行きまーす!」の掛け声で、一気に客席を盛り上げる。

ただ、後半の歌は息切れしてたけど・・・

でも、堂々としたパフォーマンスだっだし、何よりも可愛い。
カ・ワ・イ・イは正義(笑)

それでも、研修期間の長さから言うと「もう少し、出来てもいいかなぁ」と言う評価。

BARKSライブレポート終演後コメント


長いので、また切ります。

次回は「【診断テスト 後半その2】5/4(月) ハロプロ研修生実力診断テスト 参戦その5」予定。


www.barks.jp:embed:cite]