読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メーメー子ヤギ雑感

ハロプロを中心に女性アイドルを色々

【イベントレポート】2015年12月5日(土)LiVE GiRLPOP vol.5~Emotion~参戦

2015年12月5日(土)に、赤坂BLITZで開催された「LiVE GiRLPOP vol.5~Emotion~」に、こぶしファクトリーを見に参戦しました。
遅くなりましたが、イベントレポートです。


当日は、オープニングアクトを挟んで、最初に出てきたのは「大阪☆春夏秋冬」。

事前に、順番が発表されず、グループ名の表示もなく、いきなり歌い出したので、最初、どのグループかわからず。

ただ、歌もラップも、めちゃくちゃ上手かったので「これは、歌ウマで有名な、大阪☆春夏秋冬だろうなぁ~」と思っていたが、やっぱり、そうだった。

歌ウマだけで、グループ名が判断できてしまう、「大阪☆春夏秋冬」恐るべし。


3曲やったが、少ない!!!
もっと、聞きたかった。


この後、バンド(DJ)系が2つ続いて、楽器のセットに、やたら時間がかかる。
この辺りは、運営が、少し気を使わないと!!!

他のメンバーを呼んで、トークさせるとか、いろいろと、やり方があったはず。

バンド系は呼ばないか、呼ぶのなら、セッテング中の時間調整は、もっと考えてほしい。
次回からの改善を期待。


この後、アイドルが1組入って、お待ちかねのこぶしファクトリー。


f:id:me-me-koyagi:20151210003640j:plain


お馴染みの、QueenWe Will Rock Youみたいなジングル(出囃子)がかかると、一斉に、ペンライトが点灯。

イキナリ、ジングルからヲィヲィ、声が出だして、流石の一言。


セットリストは以下。

セトリ(順不同)

ドスコイ!ケンキョにダイタン
ラーメン大好き小泉さんの唄
This is 運命メロン記念日
一丁目ロック(Berryz工房
念には念(念入りバージョン)


入場の時に、どのグループを見に来たのか聞かれ、チケットのモギリの人が、各グループ毎に、チケットの半券を紙コップの中に入れてた。
俺の番号が600番代で、最後の方だったのだが、こぶしファクトリーの紙コップだけ、半券が溢れ出していたので、本日の最大勢力はハロプロヲタ。


ハロプロの間違いのないフォーマットに、ハロプロヲタ全力出しまくり(笑)
ハロヲタも、居たと思うので、メロン記念とか、どこかに眠ってるハロヲタの血が騒ぐんだろう(笑)

盛り上がりが半端なかった。

もう、雰囲気が、完全にアウェーじゃなく、ホーム(笑)


後は、ラストのNegicco姉さんまで、あまり印象に残らず。


ただ、アイドルネッサンスの「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」は、岡村靖幸が大好きなので、個人的に盛り上がったのと、清 竜人25の異質さだけは覚えてる。



アイドルネッサンス「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう (岡村靖幸)」「太陽と心臓 ...



清 竜人25「Will You Marry Me?」LIVE@清 竜人ハーレム ...



トリは、安定のNegicco


登場した瞬間から癒し系のオーラ全開。
アイドル戦国時代でも、どことも喧嘩せず、最近では、NGT48さえ許した、そのピースフルな雰囲気全開。

なかなか、Negiccoのトリに、異議を唱えられる所は、そうは無いと思う。

1 ネガティヴ・ガールズ!(short)
2 トリプル!WONDERLAND
3 ねぇバーディア
4 光のシュプール
5 さよならMusic
6 ときめきのヘッドライナー
en 圧倒的なスタイル


良い曲が多いのと、出された物は何でも盛り上がる、悪食で有名なヲタ界のブラックバス(笑)のハロヲタが多かったので、中々の盛り上がり。


ただ、スタンディングで長かったので、疲れが見えていたのだが・・・

アンコールで「圧倒的なスタイル」を持ってきやがった!!!


この曲は、超盛り上がり曲で、おまけに、曲中にヲタを巻き込んだ、肩を組んだラインダンスが有る。

まさか、寄せ集めの、この会場では、やらないと思ったが、他の出演者もステージに集まりラインダンスを披露。


Negiccoヲタの必須アイテム)ネギライトはポツポツだったが、要所要所で声がけしてくれたので、中々壮観ののラインダンス。

これを、ヤラれたら脱帽。
会場が幸せな空間になる「圧倒的なスタイル」は、超キラーチューン。

これで、会場は大団円。


21:00を過ぎていたので、残念ながら、こぶしファクトリーは居なかったが、最後の「圧倒的なスタイル」で大満足。
疲れたが、楽しかった。

www.m-on.press


PS:
久しぶりに見たがNegicco
ちょっと老けたかなぁ~
双眼鏡で見たが、かえぽとぽんちゃが、そんな感じがした。
なおちゃんは、通常どおりだった。


PS2
会場では、こぶしファクトリーの握手会が有ったようだが、メンバーが以下のような事を書いてます。

やはり、ハロヲタ以外にも、PRすることは重要。

2015年12月05日のブログ|こぶしファクトリー オフィシャルブログ Powered by Ameba

公演前に握手会をやらせていただいたときも、『はじめまして~』や『こぶしファクトリーに興味を持ったのできました!』って言う方が何人もいてすっごい嬉しかったです。