メーメー子ヤギ雑感

ハロプロを中心に女性アイドルを色々

【ハロドリ。第30回(前半)】2020年10月26日 ハロドリ。雑感【研修生発表会ライブパフォーマンス】

テーマは、2020年9月20日(日)~9月22日(火・祭日)の3日間行われた、9ヶ月ぶりの研修生発表会。
Hello! Project 研修生発表会2020 9月 〜コスモス〜」のライブパフォーマンス。


<タイトルバック>

f:id:me-me-koyagi:20201027230219p:plain
表情が流石の米村姫良々


ナレーション「今回は、会場で披露した21曲の内、まだ放送していなかった未公開曲を大公開」。


無人カメラ>

「視聴者の皆さんに何かどうぞ」

f:id:me-me-koyagi:20201029100748p:plain

f:id:me-me-koyagi:20201027230850p:plain

f:id:me-me-koyagi:20201027231101p:plain


ハロプロ研修生のジングル(出囃子)で、前に居た「村越彩菜(中1)」を、強引に押しのけてセンターに割り込み、ジングルの「Are You Ready」の掛け声で、センターで、しっかりポーズを決める「橋田歩果(中3)」。

特に怒るよう様子も無く、センターを譲る「村越彩菜」(笑)
普段の関係性が、垣間見えて興味深い。

「村越彩菜」のポーズはゲッツ?!


大した事では無いのだが、時々、研修生の素の表情が出て面白い。
今回で言うと「橋田歩果」が、案外、積極的で、イケイケなとことか・・・


<ライブパフォーマンス>

06.Go Waist(BEYOOOOONDS)/米村姫良々、山田苺、窪田七海、松原ユリヤ

f:id:me-me-koyagi:20201027232306p:plain

f:id:me-me-koyagi:20201027232504p:plain

f:id:me-me-koyagi:20201029101543p:plain


本公演では、セットリストに、「松原ユリヤ」の名前が、沢山有るが、この曲のユリヤーズブートキャンプ(サヤーズブートキャンプ)もそつなくこなす。

オレのパファーマンス評価は低いが、これだけ、出てるって事は、異様に覚えが良いのかも知れない。


ameblo.jp


無人カメラ>

・窪田七海
f:id:me-me-koyagi:20201029105844p:plain

舞台袖でステージの「02.43度/松原ユリヤ、小野田華凜、平山遊季、北原もも」の「ウチらの元気、スリー・ツー・ワン♪」で、手でスリー・ツー・ワンとやる「窪田七海」。

※この後、ハロプロ研修生は自己紹介なのでステージ袖で待機中。

・村越彩菜

「すごく緊張するんですけど、最終※§§〒〒¶~」。

f:id:me-me-koyagi:20201029110622p:plain

「すごく緊張しますけれど、頑張ります!」。


噛んでしまい、横を向いてしまう。
前を向いて、言い直す「村越彩菜」。


・豫風瑠乃、江端妃咲

f:id:me-me-koyagi:20201029111439p:plain

カメラを覗き込む、おちゃめな江端妃咲。


f:id:me-me-koyagi:20201029111558p:plain

衣装アピールする豫風瑠乃「この衣装は、水玉でカワイイです」。


f:id:me-me-koyagi:20201029111813p:plain

すかさず衣装アピールする江端妃咲。
「この衣装は、(袖の)ヒレヒラがカワイイです」。
ヒレヒラ?ヒラヒラ」。

間違えて言い直す(笑)


f:id:me-me-koyagi:20201029112156p:plain

豫風瑠乃「私の好きな所は、ここの(袖の)所が、ちょっと、透けてる所です」。

ステージで流れている曲は「02.43度/松原ユリヤ、小野田華凜、平山遊季、北原もも」。
この後、自己紹介なので、その待機中。


・山田苺、石栗奏美

f:id:me-me-koyagi:20201029113458p:plain
ステージの「05.正しい青春ってなんだろう/橋田歩果、西﨑美空、江端妃咲、村越彩菜」の「最後まで付いてきてね」で舞台袖でポーズ。


ハロプロ研修生時代の秘話>

ハロプロ研修生時代に得たもの」

稲場愛香

「その当時、北海道から1人、通ってた。私だけだったので、どこか、距離を感じてた。
ハロプロ研修生の方が、凄くレッスンも頻繁で、どんどん成長していってるのに、私だけ、たまにレッスンにお邪魔するみたいな感じだった。
やっぱり、まだ、デビューしてないんだし、前へ前へって言う気持ちでって言うのは、沢山の方に言っていただいた。
自分自身を表現する事を学んだ」。


高木紗友希

「ダンスが凄い苦手だった。基礎のダウンとかアップの動きとか、意味不明だった。自分に腹が立った。
「何で出来ないんだろう」って、そこのレッスン場で終わって、帰る時に、そこにマネージャーさんが居て「高木。泣きたいなら、泣いてた方が良いよ」って言われて、そこで号泣した。
話せる大人が居ることが、ありがたかった」。


植村あかり

「準備をちゃんとする。レッスン靴を持って行かなきゃいけないのに、片方しか入って無くて、借りた」。


「方言について」

稲場愛香(北海道出身)

「ステージ上でMCとかで話たりする時に、北海道は、イントネーションが違うことが有って、直してもらったりとか、伝わらなかったりが有って、ちょっと、大変だった」。

植村あかり(大阪出身)、高木紗友希(千葉)

高木紗友希「私は千葉なんだけど、うえむー*1が、研修生発表会の時に「もしも・・・」のセリフを大阪弁で言うのがあって、大阪弁って、羨ましいって思った。個性にもなるし、それだけで、ハートキャッチって感じだった」。

植村あかり「関西弁を出した方が、いい子も沢山居るから、関西の仕事が来たときには、喋れるとか良さが有るのを見つけた」。


「もしも・・・」は以下の公演ですね。

me-me-koyagi.hatenablog.com


長いので切ります。