メーメー子ヤギ雑感

ハロプロを中心に女性アイドルを色々

【ライブレポート】2020年7月12日(日)夜公演 『Hello! Project 2020 Summer COVERS ~The Ballad~』Aチーム 参戦

2020年7月12日(日)夜公演の『Hello! Project 2020 Summer COVERS ~The Ballad~』Aチームに参戦しました。

思い返せば、最後に行ったイベントは、無観客で、行われた「2020年3月30日 こぶしファクトリー ライブ2020 ~The Final Ring!~」のライブビューイング。

なので、イベントは、4ヶ月ぶり。

お客を入れたライブの最後の参戦は以下ぶり。

me-me-koyagi.hatenablog.com



まだ、本調子の公演は、無理なので、下記ようにコロナ対策を取った公演。

news.yahoo.co.jp


事務所は、やれることは、やったと思う。


ただ、上記のニュースでは「会場周辺のファンの数も明らかに少なかったですね。もちろん。多少は待っている人もいるんですが、できるだけ密にならないように。距離を空けて待機していたように見えました」って書いてあるが、この夜公演では、人数は少なかったが、会場周辺で、たむろしてるヲタの密な感じが気になった。

幾ら対策しても、コロナが出てしまうときは出るだろうが、大好きなアイドルに迷惑を掛けないように、フアンなんだから、もう少し、気を使って欲しいと思う。


Aチームの楽曲と順番は以下。

01.365日の紙飛行機AKB48) /Aチーム全員


02.見上げてごらん夜の星を (坂本九) /段原瑠々
03.Time goes by (Every Little Thing) /高瀬くるみ
04.M (PRINCESS PRINCESS) /岡村ほまれ


05.未来へ (Kiroro) /川村文乃
06.楓 (スピッツ) /加賀楓
07.春なのに (柏原芳恵) /秋山眞緒


08.僕は君に恋をする (平井堅) /譜久村聖
09.糸 (中島みゆき) /井上玲音
10.ただ泣きたくなるの (中山美穂) /松永里愛


11.大阪で生まれた女 (BORO) /船木結
12.なごり雪 (イルカ) /石田亜佑美
13.会いたくて 会いたくて (西野カナ) /新沼希空


14.もしもピアノが弾けたなら (西田敏行) /羽賀朱音
15.PRIDE (今井美樹) /西田汐里
16.私はピアノ (サザンオールスターズ) /小林萌花


17.Lemon (米津玄師)/江口紗耶
18.明日への手紙 (手嶌葵) /小片リサ


ちなみに、歌う順番は、各会場ごとに抽選で決定。

なので、この順番は、この2日間の中野サンプラザのみ。


メンバーは、観客の間の通路を通って、ステージに登場。
ニュースにもなったが、最初の曲は「365日の紙飛行機AKB48)」。

AKBの曲を歌うことに、否定的な意見が多いが、俺は、アイドルDDなので、特に否定はしない。


司会は矢口真里


最初の曲の後は、ソロコーナーへ。
3曲(3人)連続で歌った後は、3人へのインタビューで、次の3人が歌うと言う構成。

簡素なセットで、スクリーンも無い。


それでも、最初のブロックの下記を見ただけで、もう、引き込まれる。

03.Time goes by (Every Little Thing) /高瀬くるみ
04.M (PRINCESS PRINCESS) /岡村ほまれ


特に、観客を自分の世界に引き込む事に関しては、ピカイチの高瀬くるみが、流石のステージング
派手に踊りもナシでも(ただのカラオケにならず)表情や目線、声のトーンなど、で観せてしまうのが凄い。

その後の、岡村ほまれも、素晴らしい。
テクニックは無く、真っ直ぐな歌い方だが、それが、心に響く。


その後の、各ブロックも素晴らしかった。


イマイチかなと思ったのは「07.春なのに (柏原芳恵) /秋山眞緒」、「14.もしもピアノが弾けたなら (西田敏行) /羽賀朱音」の2曲。


秋山眞緒の不調の原因は不明。
羽賀朱音は、男性の曲が、本人に有ってなかったか!?


「13.会いたくて 会いたくて (西野カナ) /新沼希空」も、声が震えて危なかったが、そこが味にも取れ、何か、雰囲気で持っていった。


終盤の「15.PRIDE (今井美樹) /西田汐里」、「16.私はピアノ (サザンオールスターズ) /小林萌花」も、良かった。

どっちも、派手さは無いが、雰囲気があって上手い。


基本的に、皆、白を基調にした衣装なんだが、ほのぴ*1の時は、照明が黄色でセピアなイメージ。

何か、場末の劇場みたいな雰囲気が漂う中で、ほのぴが、アダルトなイメージで歌い上げる。


この時点では、投票が有ったら「ほのぴが優勝」と思ったが、最後の「18.明日への手紙 (手嶌葵) /小片リサ」が凄かった。


曲は知らないが、カスレた声で歌う小片リサが素晴らしい。

この子が優勝!!!!


今回は、インタビューで「ボイトレで、ここを練習した」見たいな話が、一杯有ったので、各メンバー、今回歌うことで、かなりレベルアップしたはず。

個人の力を付ける良い機会。
今回の経験は、間違いなく、今後に生きると思う。
すごく楽しみ。


あ、後、スクリーンが無いので、前の方でも双眼鏡必須。

俺は、10列目、ほぼセンターだったが、表情とか、目線の配り方とかを見るのに双眼鏡が大活躍。


全体としては、今後、すっと、このままは辛いが、今回は、新鮮で楽しめた。


ご参考

見てないが、某有名掲示板によると、BチームとCチームの楽曲は以下との事。

Bチーム
生田衣梨奈 (21)キミを忘れないよ (大原櫻子)
佐藤優樹 (36)ひこうき雲 (荒井由実)
野中美希 (35)Hello, Again ~昔からある場所~ (MY LITTLE LOVER)
森戸知沙希 (2)会いたい (沢田知可子)
北川莉央 (10)ありがとう (いきものがかり)
佐々木莉佳子 (33)ハナミズキ (一青窈)
上國料萌衣 (23)さよなら (オフコース)
伊勢鈴蘭 (43)三日月 (絢香)
金澤朋子 (26)Jupiter (平原綾香)
高木紗友希 (51)ワインレッドの心 (安全地帯)
稲場愛香 (7)明日への扉 (I WISH(川嶋あい))
山岸理子 (17)想い出がいっぱい (H2O)
小野瑞歩 (4)I LOVE YOU (尾崎豊)
小野田紗栞 (40)プラネタリウム (大塚愛) 
前田こころ (25)366日 (HY)
島倉りか (27)スローモーション (中森明菜)
平井美葉 (13)海の声 (浦島太郎(桐谷健太))
里吉うたの (5)赤い風船 (浅田美代子)


Cチーム
小田さくら (46)もののけ姫 (米良美一) 
牧野真莉愛 (49)夢をあきらめないで (岡村孝子)
横山玲奈 (37)ひまわりの約束 (秦基博)
山﨑愛生 (30)手紙 ~拝啓 十五の君へ~ (アンジェラ・アキ) 
竹内朱莉 (48)雪の華 (中島美嘉)
笠原桃奈 (8)あなたに逢いたくて~Missing You~ (松田聖子)
橋迫鈴 (28)セーラー服と機関銃 (薬師丸ひろ子)
宮本佳林 (18)オリビアを聴きながら (杏里)
植村あかり (14)駅 (竹内まりや)
工藤由愛 (24)さよなら 大好きな人 (花*花)
浅倉樹々 (20)カブトムシ (aiko)
岸本ゆめの (47)やさしいキスをして (DREAMS COME TRUE)
谷本安美 (12)打上花火 (DAOKO)
一岡伶奈 (31)TOMORROW (岡本真夜)
清野桃々姫 (22)香水 (瑛人)
山﨑夢羽 (1)愛唄 (GReeeeN)
岡村美波 (9)あなたに会えてよかった (小泉今日子)


PS:

<7/16追記>


YAHOO!ニュースのコメント欄が、賛否両論。


まあ、東京の感染者が治まらず、「感染が拡大していると思われる」として4段階ある警戒のレベルを、引き上げたりしてるので、タイミングが悪かった。


ただ、どっかの大手が、口火を切って、エンタメ業界の対策を見せる必要は、あったので、これは、有りだと思う。


ただ、下記のように、舞台でもクラスターが発生してるし、エンタメ業界への風当たりは強い。

news.yahoo.co.jp

*1:小林萌花