メーメー子ヤギ雑感

ハロプロを中心に女性アイドルを色々

【イベントレポート】2016年3月12日(土)『ピンクス&コピンクス!ラスト­ライブ2016 MOMENT』 参戦 前編

2016年3月12日(土)『ピンクス&コピンクス!ラスト­ライブ2016 MOMENT』に、Juice=Juice と、こぶしファクトリーが出るので、昼のみ参戦しました。

f:id:me-me-koyagi:20160313113401j:plain

Juice=Juice、GEM、夢みるアドレセンス、吉田凜音、
こぶしファクトリー、Bitter&Sweet、わーすた、
コピンク and more ・・・


会場は、ディファ有明

国際展示場駅に着くと、「げっ、雨降ってる」傘を持ってこなかった。
ただ、微妙な降りなので、今は傘を刺さなくても平気。


会場の仕切りが悪く、最初から15分押し。


チケットは、全自由。
ディファ有明の座席は前の方から以下

  1. フロア(イス)
  2. 段差上(スタンディングエリア)
  3. 傾斜(イス12列)


俺は、一般チケットで、D番号だったので、ハナから良席を諦めてたのだが、傾斜のイスが、結構空いていて、奇跡的にど真ん中の傾斜イスをゲット。
右斜の柱がちっと邪魔だがステージには掛からないので、問題なし。
距離は遠いが、俺は、秘密兵器(毎回言ってる(笑))の「Canon 双眼鏡10×30IS」が有るからOK!


最初は、ハロプロ研修生の小野田紗栞の無言劇。

双眼鏡を覗く動作をして、あっちこっちステージ上を走り回り、何かを探している。

で、恐らく、流れ星が落ちてきたので、それを、捕まえる寸劇。

恐らく、殆どの人には、この子が誰か解らなかったのでは?


この後、曲に繋がる訳では無く。
星を捕まえたら、普通にステージの後方から履けるので、会場もポカンとしていた。
夜公演では、ピンクス&コピンクスが、月に帰ると言うラストだったらしいので、そこまで見ると、何となく物語が繋がると思われる。
昼公演のみだと、そこが無いので、イマイチ、ピンと来ない。


大雑把には、順番は、告知ポスターの通り。


オープングアクトも居たが、本編は、「わーすた」から開始。

f:id:me-me-koyagi:20160313113242j:plain


avexアイドル専門レーベル「iDOL Street」第4弾アイドルグループ。


猫耳、服に尻尾付いてる。
曲が面白く個性的。


ちなみに、1曲目(いぬねこ。青春真っ盛り)終った後に、上の写真、左端のドングリの柄の服(紫:松田美里)が鼻血を出しステージから履ける、残りがMCで繋ぐ(笑)
しばらく、帰ってこなかった。


2曲めは以下。


わーすた / うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ MUSIC VIDEO Short Ver.


この曲の最中に、わーすたメンバーが、怪獣を倒すための伝説の剣(エクスカリにゃん(サイン入り))を、客席に投げ入れたのだが、Tweetによると、ハロヲタが拾ったようだ。


見た印象は、ももいろクローバーZでんぱ組.inc


でんぱ組.incより先に見ていたら、恐らくハマってた。



ちなみに、今回、ステージに、ひな壇が有ったのだが、トリ、大トリのGEM、Juice=Juiceの時に、写真、左から2人目(パステルピンク三品瑠香)は、殆ど寝てた(笑)

目がトロンとしていて、ステージを全然見てなかった。

本当に、完全に寝ちゃえば大物だったに惜しい!


(補足)ひな壇で、しきりに鼻を擦っていたので、(眠くなる)花粉症の薬を飲んでいたと思われる。鼻血を出した子も、花粉による鼻のかみすぎか?


なんだかんだで、記憶には残った。


一組、2~3曲の仕様。
短すぎ。


正直、要らないグループが多すぎる。

ただ、ピンクス&コピンクスに関係が薄いBitter & Swee、こぶしファクトリー辺りが、一番、要らないんだが(汗)

俺は、この辺を見に来てるので、そうなると困る(笑)


Bitter & Sweet

  1. バイバイメトロ
  2. 月蝕


流石、歌ウマ!!!

バイバイメトロは、今までのビタスイのイメージからかけ離れてて俺には違和感。
ただ、バラードの月蝕は流石。


この辺りから、会場の音響が気になり始める。
PAの調整が正直おかしいと思う。
月蝕も、きちんとした調整だったら、もっと凄かったのに。
まあ、それでも、あれだけ、やれるBitter & Sweetは凄いが・・・


こぶしファクトリー

  1. 念には念(念入りVer.)
  2. チョット愚直に!猪突猛進
  3. かっちょ良い歌


メンバー元気いっぱい!!!
盛り上がりも、パフォーマンスも凄いが、音響のせいで、迫力イマイチ。

こういう時は、他のグループのフアンの取り込みが大事なので「ハロプロ関係を余り知らない人には、どう聞こえているか?」
すごく気になった。


長いので、一度切ります。