メーメー子ヤギ雑感

ハロプロを中心に女性アイドルを色々

【ライブレポート】Hello! Project 研修生発表会2017 ~春の公開実力診断テスト~ 個別雑感3(21番~31番まで)

5月5日(金)中野サンプラザで行われた「Hello! Project 研修生発表会2017 ~春の公開実力診断テスト~」に参戦しました。

個別の雑感です。

今回は21番~31番までラストです。


f:id:me-me-koyagi:20170428203602j:plain

下記()内は「公開実力診断テスト」の参加回数。


21.河野みのり(初)『Oh my wish!モーニング娘。'15』 ※ハロプロ研修生北海道

趣味がギターの弾き語り。
ハロプロ研修生する前から、北海道でソロの活動有り。


ソロ経験が有るので、かなりの注目してたのだが、出だしは良かったが、途中からリズムがずれてたところあったの気になった。
ただ、普段のおっとりした感じからすると、力強い声。

最後の「すべきこと~♪」が、緊張のため、ブレスが足りず、豪快に声がかすれる。


歌唱後のインタビューの受け答えが、不思議な感じで、審査員の元Berryz工房熊井ちゃん曰く「今後、(髪型を)2つ縛りにならないように気をつけて。もも*1と同じニオイがする」。


22.高瀬くるみ(3)『BABY!恋にKNOCK OUT!プッチモニ

f:id:me-me-koyagi:20170513224935j:plain

流石の高瀬くるみ。


喋るときの声がカワイイが、曲名の言う時点から、普通の言い方で無く、むき出しの闘志全開。


ステージに出れば、あれもこれもと、詰め込み、出し惜しみ無しの高瀬くるみワールド。
前回の春の公開実力診断テストでも書いたが、出てきただけで、舞台を支配する能力は流石の一言。


衣装に電飾(髪飾り、ベルト)なんて佐々木莉佳子以来では・・・
ベルトなんて、仮面ライダーの変身ベルトかと思った(笑)


表情も完璧。
ファルセットも綺麗に出て、声優みたいに声に表情が有るのも良い。


歌唱後のインタビューで「今年の目標は、とにかく目立つこと」と言い切っちゃう押しの強さ。
この押しの強さが、苦手なやつもいるかも知れないが、俺は以下のように、この子のこの意志の強さが好き。


me-me-koyagi.hatenablog.com


ベストパフォーマンス賞候補。

※歌唱後のインタビューで、アラケン曰く「メンバーにアンケートを取った所、高瀬くるみをライバル視する子が多かった」。
 それを受けて、高瀬くるみ曰く「先に聞いてたら、プレッシャーが掛かってた。先に聞かなくてよかった」。
(*´ー`) フッ


最後の「ありがとうございました」も元気が有って良し!!!


23.堀江葵月(3)『忘れてあげる/アンジュルム

「なにげに、ここも要注意人物」と書いたが、やっぱり、要注意人物だった。


前回の雑感は以下

審査員(元Berryz工房清水佐紀)曰く「きいちゃんの全力のダンスと全力のドヤ顔が私は好きです。今日も見れて、いい気持ちになれました。」


確かに、全力ダンスと、全力ドヤ顔(笑)

歌の先生曰く「セクシーも、ドスの利いた曲もできるし、キュートな曲も全力でやり切る」どこでも使えるタイプ。


「曲の出だしに注目。ここから、引き込めるか?!」と書いたが、「23番 堀江葵月 聞いてください・・・」と曲の紹介の時から、声に艶があり引き込む。


歌に、表情が有り完璧。
歌うめぇー

!Σ(・□・ )


「踊る曲ではないので、表情を頑張った」とインタビューで言っていたが、要所要所での動きや表情だけでも、その実力を遺憾なく発揮した。

元のハードルは高い(新鮮さは無い)のだが、やはり、ベストパフォーマンス賞候補。


ただ、前回は、段原瑠々の次。今回は、高瀬くるみの次と、強いメンバーと、歌唱順が並ぶことが多く、クジ運が悪すぎる?!


24.小野琴己(2)『赤い日記帳/あか組4』


「音痴。難しいバラードを持ってきたので、ごまかしが効かないが、大丈夫なのか?!」書いたが謝る。

m(;∇;)m ゴメンネ


すごい進歩。


「あ~い~が~♪いつまでも燃えるように」の「が~」の伸ばす所とか「ねぇねぇあなた~♪」が、かすれたり、少し音程が揺れる(不安定)だが、普通に歌えていた。


後、服装が凄い。

f:id:me-me-koyagi:20170513232750j:plain

黒のショーパン。
はだけた白いブラウスから覗く赤いキャミソールが超セクシー。

「狙ったのか?」と思ったが、歌い終わった後、慌てて、ブラウスを戻したので、ハプニングだったようだ。


て言うか、声とか、話し方も大人っぽすぎ!!!


さらに、あの、どこを見てるか判らない独特の表情のせいか?
審査員の℃-ute矢島舞美も言ってたが「立ち姿に、不思議な色気が有る。歩いてるだけで絵になる」。


でも、実はまだ、中3。

ハロプロ研修生、凄すぎる(笑)


インタビューで「凄い緊張して、足がガクガクして転びそうになった」と言ってたので、緊張が解ければ、まだ伸びる。


審査員(歌の先生)曰く「この子は、歌うことが苦手な所があったので・・・」。
歌の先生も言うように、前回からの伸び率では恐らく一番。


この子の同学年も、曲者ぞろいの、かなりの激戦区。
でも、結構期待してる。

中3:前田こころ、小野琴己、金津美月、山﨑夢羽、日比麻里那、児玉咲子

この子、結構好きなので、俺的にはベストパフォーマンス賞候補(笑)。


25.橋迫鈴(初)『まっさらブルージーンズ℃-ute

発表順の抽選で「歌が苦手」と言ってたが、その通りで、出だしから、かなり音程を外してた。
所々、声がかすれて、裏返ってたし、後、表情は硬かった。


上記だけ見ると良いとこ無しだが、今回は、サングラスを仕込んできて、ヲタが、℃-ute萩原舞の(下記、謎のサングラス)を思い出した時点で作戦勝ち。

f:id:me-me-koyagi:20170514001941j:plain

アプカミにもヲタの歓声が入ってたが、自己紹介直後に描けたサングラスに、今日一番の歓声が上がってた(笑)


f:id:me-me-koyagi:20170514003918j:plain


歌は今一歩だが、ナチュラルに人を惹きつけるオーラが凄い。
まだ、小6なので、今後が楽しみ。


26.岡村美波(初)『トロピカ~ル恋して~る/松浦亜弥


f:id:me-me-koyagi:20170514003853j:plain


「アイドルサイボーグ。ステージコントロールには、凄まじいものが有る」と書いたが、流石のステージパフォーマンス。

最初の曲名紹介の声からしてTHE・アイドル。
トロピカ~ル恋して~るの最初の台詞も上手い。

ステージを目一杯使い、可愛い声歌い踊る。
視線とか表情も完璧。


高瀬くるみとか、清野桃々姫とかと同じ、歌によって、憑依するタイプ。

審査員曰く、「普段は真面目でおっとりだからイメージが違った」。
「流石アイドルの王道を行く感じで、既に出来上がってる。今後、松浦亜弥超えられるか?!」。


この出来上がってる王道アイドルから、どう伸びるのかが、今後のカギ。


27.中山夏月姫(初)『愛する人の名前を日記にBerryz工房

スローバラードだが、スローな曲は、逆にリズムが取れないと、学芸会ぽくなる。
今回は、リズムが感じられなかった。


ただ、まさかの、ランドセル。

ランドセル+Berryz工房の曲に涙ぐむ審査員の熊井ちゃん*2
※昔、ステージ上で、ランドセルを使った演出が有った(下記)。

f:id:me-me-koyagi:20170514004700j:plain


惜しい、今回は審査員特別賞対象外だが、対象だったら、キャラクター賞は取れたかもしれない。

※「ランドセルは、今も使っている自分のランドセル」との事。


28.野口胡桃(2)『Take off is now!/高橋愛新垣里沙田中れいな

独特の雰囲気を持った子で「前回も、結構歌えていたので今回も期待」と書いたが、期待以上の出来。
元々、独特の雰囲気は有ったが地味だったのだが、今回、殻をぶち破った。

f:id:me-me-koyagi:20170514132708j:plain

上の写真の衣装からして弾けてる。
腹出し、タイトな黒のレザーパンツ。
セクシーダイナマイツ(笑)

高1で、このスタイルかぁ~


途中の「カモン」は、少し弱かったが、表情とかダンスも含め高レベル。
特に、イントロのダンスがかっこ良かった。


審査員(歌の先生)曰く「裏声しか出せなかったのに地声が出てるのが凄い」。
腹筋を鍛えたとのこと。
ただ、「追加で下半身の柔軟もして欲しい」との先生のお言葉。


この子は伸びる。
今回も、一皮向けたが、来年は別人になってるかも(笑)


29.太田遥香(初)『ちょこっとLOVEプッチモニ』 ※ハロプロ研修生北海道

本人曰く、ハロプロ研修生北海道『小さい最年長』。
人の目を引きつけるオーラは有るが歌は下手。

ただ、研修生になったばかりなので、今後の伸び率は期待できそう。

ハロプロ研修生北海道、最年長のはずだが、一番、ロリっぽいのはナゼ(笑)
何となく、初期の牧野真莉愛(現モーニング娘。)を彷彿させる。


30.一岡伶奈(5)『ひとり占めしたかっただけなのに/℃-ute
「超ベテラン。まあ、ずば抜けて、パフォーマンス力が、有るわけでは無い」と書いたが、今回は気迫が凄かった。

f:id:me-me-koyagi:20170514011215j:plain


音程が揺れている(不安定)な気もしたが、俺が、この曲の元々の音程が分からないので、合っていたかも知れない。


あぁ、やっぱり、いっちゃん*3は、可愛くてイイなぁ・・・


MCはフワフワしてるが、歌は最後まで気合が滲み出ていて、その圧が凄かった。
ベストパフォーマンス賞候補。


もうこの辺りでは、ベストパフォーマンス賞が多すぎて、混乱して、選べなくなる。

もう、最後の段原瑠々が、別次元のパフォーマンスをする事を期待してた(げ、最初からハードル高ぇ)。


31.段原瑠々(4)『Give me 愛/モーニング娘。』【2014年ベストパフォーマンス賞 受賞】

実力が、ずば抜け。
「歌唱順が最後という運も有り」と言うか、歌唱順が最初でも、このパフォーマンスならベストパフォーマンス賞だったと思う。


新日本プロレスオカダ・カズチカなら「レェーベェルが違うんだよコノヤロー!」と言ってる所。


最後に、コレを見て、迷わず、ベストパフォーマンス賞は、段原瑠々に入れました。


これで、個別雑感は終わり。


この後、サプライズの発表も有り、涙あり、感動有り。


me-me-koyagi.hatenablog.com


これだから、ハロプロ研修生の応援は、辞められない。