メーメー子ヤギ雑感

ハロプロを中心に女性アイドルを色々

【イベントレポート】2021年11月24日(水)Juice=Juice Concert 2021 ~FAMILIA~ 金澤朋子ファイナル ライブビューイング(品川)参戦

「Juice=Juice Concert 2021 ~FAMILIA~ 金澤朋子ファイナル」の品川のライブビューイングに参戦しました。


me-me-koyagi.hatenablog.com


映画館前には、17:45位に到着。
映画館の外に、やたら女の子が並んでました。

あれはなんだろう?


本編は18:00開始ですが、会場に入ると、既にハロプロ研修生ユニットがパフォーマンス中。

「早っ!」って思ったが、今日は、オープニングアクトにBEYOOOOONDS(ビヨーンズ)も出るんだった。
2組のオープニングアクトだと、確かにこんな時間か。


ハロプロ研修生が歌ってのは聞いたことが無い曲。
新曲で「デート前夜協奏曲」と言うらしい。
少ししか聞けなかったが、可愛らしい俺の好きな感じの曲。


席はJ列で後ろから2列め。
座席は全入れ満席。

ただ、ここは映画館。

声出し、立ち上がるのは禁止。
ペンライトは結構居た。

全員座って鑑賞だが、椅子の背もたれが座った人の座高より高く、その椅子の高さでも視線を一切塞がないようにきちっと設計されている。

スクリーンを遮るものが無く素晴らしい視界。


某有名掲示板からコピってきた、当日のセットリストは以下。

Juice=Juice Concert 2021 ~FAMILIA~ 金澤朋子ファイナル セットリスト


OA1.デート前夜狂想曲/ハロプロ研修生ユニット
OA2.Now Now Ningen/BEYOOOOONDS


01.イジワルしないで 抱きしめてよ
02.Future Smile
03.ロマンスの途中
MC
04.DOWN TOWN(7人)
05.Va-Va-Voom(7人)
06.好きって言ってよ(7人)
07.素直に甘えて(7人)
08.ポツリと(7人)
09.プラスティック・ラブ
10.ダンスコーナー
11.如雨露(新メンバー)
12.プラトニック・プラネット/金澤・段原・松永・江端
13.TOKYOグライダー/金澤・稲場・工藤・有澤
14.Wonderful World/金澤・植村・井上・入江
15.シンクロ。/金澤・植村
MC
16.「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?(7人)
17.私が言う前に抱きしめなきゃね(7人)
18.Fiesta! Fiesta!(7人)
19.CHOICE & CHANCE
20.Magic of Love(J=J 2015 Ver.)
MC
21.Familia
22.Goal~明日はあっちだよ~
アンコール
23.あなたを想う帰り道/金澤朋子
24.続いていくSTORY/金澤朋子→全員
金澤朋子卒業セレモニー
25.未来へ、さあ走り出せ!
ダブルアンコール


※7人:新人3人(有澤一華、入江里咲、江端妃咲)を抜いたメンバー


かなとも*1がラストなので、主役のかなとものアップが多いが、どの表情を見ても、凄くいい顔をしてました。


f:id:me-me-koyagi:20211125215424j:plain


病気のせいで卒業は、本人も言ってるように、不本意だとは思いますが、本人も最後の挨拶で言ってましたが「最終的には自分で決めたこと」。
納得して前を向いたのでしょう。


ステージは圧巻。


Juice=Juiceは、ジャズっぽい曲、スローな曲。
バラエティに富んでおり飽きさせない。
後、感動するいい曲も多い。


しかし、かなともの特徴のある声は唯一無二。
これが、無くなるのは痛い!!!


また、この所、初期メンバーでエースだった「宮本佳林」が卒業(2020年12月)し、高木紗友希不本意な脱退(2021年2月)。
そして、病気による、今回の「かなとも」の卒業と波乱万丈のJuice=Juice。

これからのJuice=Juiceが心配だったんですが、今回のコンサートを見た限り、残ったメンバーがかなり頼もしい。

ハロプロ研修生から「段原瑠々」「工藤由愛」「松永里愛」と歌ウマばかり加入させておいたのが、ここで生きた印象。

それから、元こぶしファクトリーのれいれい*2が居るのもデカイ!!!

さらに、新人の3人(有澤一華、入江里咲、江端妃咲)が案外歌える。
特に、一般加入の「入江里咲」のスキルを心配してましたが、新人3人だけで歌った「如雨露」を聞いた限り、今後の伸びが期待できると感じました。

最後の挨拶(抜粋)


今回、私は病気のことがあって卒業を決意しました。悔しい気持ちや寂しさがないと言い切るのは、正直うそになりますが、それでも最終的には自分で決めたことなので、この選択を正解にしていけるよう、しっかりと自分の身体を大切にしながら、精進して参りたいと思います。


私はいつか必ず、皆さんの前に帰ってきます。これまで皆さんが私のことを必要としてくれたおかげで私に居場所がうまれました。わがままかもしれませんが、言わせてください。私にも皆さんが必要です。どうか信じて待っていてくださると幸いです。


かなともの最後の挨拶で「私はいつか必ず、皆さんの前に帰ってきます」と言う強い意思表明が聞けたのが、今回の目玉か?!


最後の挨拶の全文は以下ニュース参照

www.nikkansports.com


かなとものハロプロ研修生時代の雑感は以下。


me-me-koyagi.hatenablog.com


かなとものHello!project加入の経緯も、上記に書いてあります。


しかし、本人も最後の挨拶で言ってたが「公務員を目指してた普通の女子高生」が、こんなふうに、アイドルになるのだから人生は面白い!


かなともの人生は、まだこれから。

病気とは、一生付き合っていかないといけないと思うが、まずは休養して・・・


俺たちヲタは気長に待とう。


かなとも、卒業おめでとう!!!


( ^-^)ノ∠※PON!。.:*:・'°☆。.:*:・'°★°'・:*オメデトウ


f:id:me-me-koyagi:20211126122235j:plain


【ご参考】
thetv.jp


上記インタビューでも「公務員を目指してた話」が出てきます。


PS:


ステージは、オープニングアクトを除くと2時間30分位。

会場前に並んでいた女の子たちも、終了時刻が、ちょうど一緒だったが、品川ステラボールの2.5次元舞台「ワールドトリガー the Stage」のフアンだったらしい。
「青い髪の男性の生写真」などのグッズを大事そうに持ってた。